観光・レジャー

TAICHUNG

ノスタルジック台中旅|臺中市眷村文物館 (入館無料)

jill


眷村文化を通じて台湾の歴史を学ぶ

「眷村」は1949年から1960年代に国民政府が台湾に来て、軍人とその家族を援助するために作った村です。当時、台湾全土には大小さまざまな眷村があり、そのほとんどが軍の施設の近くで軍の管轄下にありました。当時の制度の影響で、同じ眷村の中での住民の交流は密でしたが、村外のコミュニティとの交流は容易ではなかったため、閉鎖的なコミュニティが形成され、次第に独自の「眷村文化」へと発展していきました。
台湾は時代の流れの中で、軍事政権から民主政権へと徐々に移行してきました。過去には、眷村のコミュニティが取り壊されたり、移転されたりしたこともありました。その流れの中で住民たちは、徐々に村外のコミュニティと交流するようになり溶け込んでいきました。
今ではほとんどの村は取り壊されてしまいましたが、北部、中部、南部の各地に様々な形で保存されている村もあります。多くは文化的な記念碑として、あるいは地域の文化的、創造的なコミュニティに転換され、定期的に様々な展示会が開催され、人々にその土地で起こったことを知ってもらうようにされています。
 

臺中市眷村文物館



この建物は「北屯新村」で空軍将校の寮として使われていたもので、1960年に建てられました。 近年、この建物は地元の文化創造団体に引き継がれ、寮は展示エリアとして自由に見学できるようになっています。
博物館では、レトロな企画展やマーケット、野外映画館などのイベントを定期的に開催しています。また、館内には懐かしい駄菓子屋やヴィンテージショップがあり、展示を見終わった後に、軽食をとったりお土産を購入することができます。 庭園の隣には眷村料理を提供するレストランがあり、昔ながらの眷村の内装と味を体験することができます。

男性の髪型文化展|アメリカの理髪店


Photo Credit:臺中市眷村文物館FB粉專

現在、台中市眷村文化博物館では台湾の男性美容文化をテーマにした1年間の特別展が開催されています。
ここ数年台湾では、レトロな男性の髪型専門の理髪店が登場し始めていますが、その多くはイギリスの紳士か、アメリカのタフガイをイメージしたオールバックやリーゼントのような油ぎった髪型を取り扱っています。台湾にも独自の男性用美容室の文化や歴史があり、特に100年間に何度も政権交代を経験した台湾では、美容室の文化も短期間で急速に変化しています。
昔ながらの理髪店をイメージし「アメリカの理髪店」と名付けられたこの特別展では、男性の髪型という観点から台湾の歴史的変遷や地域の物語を学べます。





眷村の初期の頃は、男性の髪型はきれいに手入れされていなければいけませんでした。 現代に比べてヘアセットが比較的困難な時代であったにもかかわらず、昔の写真を見てみると、必ずオールバックにスーツやシャツを着た、とても凛々しい姿の男性が写っています。
この展覧会は歴史を知るだけではなく、美を意識することは女性だけの専売特許ではありませんし、この100年の歴史を見てもわかるように、男性が外見を意識するようになったのも、最近のことではないということも伝えています。



今年の「アメリカの理髪店」は、男性の理髪の観点から、シナリオの作成、ツールの展示、SNSを使ったインタラクティブなフォトウォールなど、4つのテーマで構成されており、あまり知られていない台湾の理髪文化に触れることができます。
満州国の統治時代、男性の理髪は道端に椅子があれば頭を剃ってもらえる時代でした。 日本統治時代には理容師になるためには、人間の健康に関する基本的な知識を身につけ、試験に合格して理容師免許を取得する必要がありました。 また、医療が普及していなかった時代には、美容師が初期の健康診断を行い、重症の場合には専門医を紹介することもありました。




国民党政権になってからは、景気が回復し、より良いものを手に入れるために、より多くのお金を使う人が増えていきました。 その結果、理髪店では、耳かき、背中たたき、洗眼など、さまざまなサービスが行われるようになりました。後には、性的なサービスを行う観光客向けの理髪店も登場しました。 (当時、理髪店は男性専用で、女性は美容室でした)
展示室の壁には、当時のさまざまな社会現象を記した古新聞が貼られています。 かつて、男性の散髪には妻の同伴が必要であることをアピールしたほか、社会的混乱を収束させるために、観光客向けの散髪を行っていることが判明した事業者には水道や電気を止め、営業停止を命じるという強制的な政策が導入されました。






この展示では、写真や記録から男性の理髪文化や社会現象の展示だけでなく、理髪店の道具やヘアセットの道具も展示されていました。
展示には子どもの頃の思い出の品も多く、父や祖父が使っていたものかもしれないと思うと懐かしい気持ちになります。



展示ホールの外では、眷村文物館全体が、当時のままの姿を残していることも確認できます。 細長い廊下、外壁に貼られた様々な注意書き、古い鉄製の窓、空軍の宿舎だった頃に残された古い写真、当時使われていたが今は流通していない紙幣などの小物、昔を偲ばせるものがたくさんあります。




レトロな駄菓子屋|北屯新村柑仔店

眷村文物館の最後には、コンビニやスーパー、ショッピングモールでは手に入らない、ヴィンテージなおもちゃやお菓子が並ぶノスタルジックな駄菓子屋があります。






子どもの頃にやったであろうくじ引き、夏に欠かせないアイス、天井にはヘチマでできた長ーいたわしがぶら下がっています。駄菓子屋は小さいですが、隅々まで、壁や天井までもが懐かしいアイテムで埋め尽くされており、宝の山のようです。振り向くたびに新しい発見があり、記憶の中の子ども時代の大切な思い出を探さずにはいられません。

老若男女問わず、皆が店に足を踏み入れた瞬間に喜ぶことを知っている店主は、特に説明をするでもなくカウンターに座ってほとんど動きません。

思わず持ち帰りたくなるような商品には値段が明記されており、何よりも驚くべきは、ほとんどの商品が低価格になっていることです。
物価が高騰している現代社会において、このノスタルジックな駄菓子屋は、すべてが50年代のままの止まっているようです。





ビンテージ雑貨店| 小梅花商行

駄菓子屋の向かい側には、こちらもノスタルジックな雰囲気が漂う雑貨店「 小梅花商行」があり、オーナーは骨董品を通して昔の台湾の生活の美学を再現したいと考えています。小さなお店ですが、オーナーのこだわりがお店の内装にあらわれています。昔ながらの手作り家具だけでなく、さまざまな食器やカップ、皿、壁に貼られたポスター、照明、さらには古い製氷機や古いテレビなどが一緒に展示されています。
駄菓子屋の子どもっぽいイメージとは異なり、小梅花商行の中は静寂と1950年代のレトロでシックな雰囲気に包まれています。 ここは、古いものが好きな人が、宝物を探しに来る場所です。







棚には、ヴィンテージのカップや皿、磁器のほか、古いレコード、女性用のバッグ、香水のボトル、さまざまなアクセサリーなどが並んでいます。 この空間は、古いものを集めるのが好きな人にぴったりです。時には、一見役に立たないように見えるものでも、変形させたり、アレンジしたりすることで、新たな表情を見せ、空間全体に全く異なる美学を与えることができます。
最近のファッションは、大量生産・販売することを目的に、ミニマルなデザインのものが多くなっていますが、ヴィンテージなものは、細部にこだわったものが多いです。
バッグに施された繊細な刺繍や、カップや磁器に描かれた複雑な模様など、それぞれのアイテムに匠の手仕事が宿っていることがわかります。 手軽なものをたくさん見た後は、なかなか手に入らない希少な工芸品をながめてながら懐かしい過去の自分を想像してしまいます。





眷村グルメ| 方正谷眷村菜餐廳

残念ながら、この日は食事するには時間が遅すぎました。
このお店のFacebookページやGoogleのフィードに寄せられた感想を見ると、同店の内装や料理は誰もが絶賛しています。

毎月最初の週末に開催| 搶救大兵市集

眷村文物館での不定期の展示に加えて、毎月最初の週末には、骨董品やハンドメイド好きの人々のために、会場周辺で小さなマーケットが開催されています。





Photo Credit: 搶救大兵市集FB粉專

まとめ

よりディープな旅を求めている方で、その都市のローカルな文化や歴史をもっと知りたいと思っている人には、台中市眷村文物館はおすすめです。しかも入館は無料なので、半日かけて散策し、名物料理も堪能してください。

臺中市眷村文物館 (入館無料)

電話:04-2233-4073
住所:406台中市北屯區天祥街19號
営業時間:10:00–18:00 (月曜日定休)
アクセス:
電車で太原車站まで行き、そこから徒歩9分です。
台中火車站に到着後、市バス(82號、105號、901號)に乗り換え「監理站」で下車し、徒歩約5分。

jill

台湾台中出身のJillです。京都で一年間のワーホリ経験があります。台湾に帰ってからは台湾の面白いことをたくさん日本に発信したい思って活動しています!よろしくお願いいたします!

RELATED POST関連記事

  • 観光・レジャー

    南投のパワースポット「溪頭松林町妖怪村」

    淡路 健

    詳しく見る
  • 目的

    インド人シェフの本格カレー店「淇里斯印度餐廳」

    林 子雲

    詳しく見る