トラベルハック

台湾旅行でスマートフォンを使う(プリペイドSIMの購入)

稲谷 昌樹

稲谷 昌樹

今や日常生活の必需品となったスマートフォン。
公共交通機関のルート検索、飲食店や観光スポットを調べるなど、安心して海外旅行をするためにも、通信料金を心配せずに使いたいですよね。

海外でスマホを使う方法はいくつかありますが、私のおすすめは現地のプリペイドSIMを使うことです。
台湾にもいくつかの通信キャリアがありますが、5日間のプリペイドSIMで、1000円〜1800円(300〜500台湾ドル)くらいです。
ほとんどの場合、通信量は無制限なので、ギガを心配することなく利用できるのは嬉しいですよね。

ちなみに日本の通信キャリアのまま海外で使うこともできますが、台湾のプリペイドSIMの方が断然お得です。
唯一auはかなり安いので、2泊3日であればこちらの方がお得かもしれません。

事前準備

プリペイドSIMを利用するには、日本の通信キャリアでSIMロックを解除しておく必要があります。
これをしないとそもそも使えないので、要チェックです。
(SIMフリー版のスマホなら特に準備は必要ありません)

SIMロックの解除は店頭に行く必要はなくオンラインで手続きを行えます。
SIMロック解除は、スマホの購入から100日くらい経過してないといけないなど、条件がありますので、ご利用の通信キャリアのサイトでご確認ください。

旅行前にスマホのバックアップはとっておきましょう。

プリペイドSIMの購入方法

日本、台湾の空港で購入できます。
パスポートと免許書か健康保険証などの身分証明書が必要なので、準備しておきましょう。
SIMは同じキャリアでも利用日数と無料通話で、いくつかの料金プランがあります。

日本国内の空港で購入

日本国内の空港で搭乗前に購入しておくと安心ですよね。
窓口がある国内の空港は羽田空港、成田空港、新千歳空港、関西空港、福岡空港の5箇所です。
もちろん日本語対応ですし日本円で支払いです。

台湾の空港で購入

ツアーなどで搭乗前に時間が取れない方や、旅慣れている方は台湾の空港で購入することもできます。

事前に予約して空港で受け取ることもできます。
スタッフの方は旅行客に慣れているので、台湾で購入する方がスムーズかもしれません。

オンライン予約サイトで予約

アクティビティや現地ツアーのオンライン予約を扱うサイト、アプリでSIM カードの予約を行うことができます。
空港で購入したり、通信会社のホームページで予約するよりも安いことが多く、支払いもクレジットカードで済ませておけるので、オススメです!

中華電信のホームページで予約

中華電信のホームページ(日本語)からも事前予約ができますので、あとは空港で支払いを済ませれば利用可能になります。
https://prepaidsim.twgate.net/reservation_jp.html

※羽田、成田空港での受け取りも可能になったみたいです(2020年6月時点)
https://simpier.com/products/cht_sim_tw

ちなみに台湾には中華電信以外にも5つの通信会社があります。

  • 中華電信(Chunghwa Telecom)
  • 台湾大哥大(Taiwan Mobile)
  • 遠伝電信(Far EasTone)
  • 亜太電信(Asia Pacific Telecom)
  • 台湾之星(Taiwan Star Telecom)

空港にもそれぞれの窓口があるので、かなり旅慣れた方はカウンターの混み具合とかで選んでみてもいいかもしれませんね。
たぶん、通信の品質はどこも大して変わらないです。

台湾の空港で購入する場合の料金

それぞれの通信会社の料金は以下のようになっています。
時期やキャンペーンによって値段が多少変わりますので、空港で確認してください。

中華電信
3日間データ使い放題 + NT$100通話長無料 NT$300 約1,200円
5日間データ使い放題 + NT$50通話料無料 NT$300 約1,200円
5日間データ使い放題 + NT$300通話料無料 NT$500 約2,000円
7日間データ使い放題 + NT$150通話料無料 NT$500 約2,000円
10日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$500 約2,000円
15日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$700 約2,800円
15日間データ使い放題 + NT$250通話料無料 NT$800 約3,200円
30日間データ使い放題 + NT$430通話料無料 NT$1000 約4,000円
台湾大哥大
3日間データ使い放題 + NT$100通話長無料 NT$300 約1,200円
5日間データ使い放題 + NT$50通話料無料 NT$300 約1,200円
5日間データ使い放題 + NT$300通話料無料 NT$500 約2,000円
7日間データ使い放題 + NT$150通話料無料 NT$500 約2,000円
7日間データ使い放題 + NT$350通話料無料 NT$700 約2,800円
10日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$500 約2,000円
10日間データ使い放題 + NT$400通話料無料 NT$800 約3,200円
15日間データ使い放題 + NT$400通話料無料 NT$1000 約4,000円
遠伝電信
3日間データ使い放題 + NT$100通話長無料 NT$300 約1,200円
5日間データ使い放題 + NT$50通話料無料 NT$300 約1,200円
5日間データ使い放題 + NT$300通話料無料 NT$450 約1,800円
7日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$450 約1,800円
8日間データ使い放題 + NT$50通話料無料 NT$450 約1,800円
10日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$500 約2,000円
15日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$700 約2,800円
30日間データ使い放題 + NT$550通話料無料 NT$800 約3,200円
亜太電信
4日間データ使い放題 + NT$50通話長無料 NT$230 約920円
4日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$300 約1,200円
6日間データ使い放題 + NT$50通話料無料 NT$250 約1,000円
6日間データ使い放題 + NT$300通話料無料 NT$500 約2,000円
8日間データ使い放題 + NT$80通話料無料 NT$450 約1,800円
11日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$500 約2,000円
15日間データ使い放題 + NT$400通話料無料 NT$1000 約4,000円
台湾之星
3日間データ使い放題 + NT$100通話長無料 NT$250 約1,000円
5日間データ使い放題 + NT$50通話料無料 NT$250 約1,000円
7日間データ使い放題 + NT$120通話料無料 NT$450 約1,800円
10日間データ使い放題 + NT$100通話料無料 NT$450 約1,800円

SIMカードの差し替え

台湾に到着したらSIMカードを日本のものと差し替える必要があります。

なくしてしまうと再発行手続きとか大変なので、無くさないように大切に管理しましょう。

台湾の空港でSIMカードを受け取った場合は、台湾大哥大は受付の方が設定してくれました。
中華電信は自分で設定する必要がありました。

まとめ

プリペイドSIMはお得で手続きも簡単です!
快適な台湾旅行を楽しむためにも、ぜひチャレンジしてください。

稲谷 昌樹

稲谷 昌樹

株式会社まめぞうデザインのWebディレクター。台湾のスタッフと協力しながら現地のWeb制作案件に従事。 年数回の台湾出張の中で得た、知っておくと役に立つ情報、台湾の魅力を発信します。

RELATED POST関連記事

  • 目的

    寒い夜にぴったりのグルメ 和風洋食レストラン「豆子洋食商行」

    林 子雲

    林 子雲

    詳しく見る
  • 観光・レジャー

    高雄随一のパワースポット「龍虎塔」

    稲谷 昌樹

    稲谷 昌樹

    詳しく見る